奈良教組第30回定期大会を開く! 2017年07月05日
 奈良教組は6月3日、桜井市立図書館にて第30回定期大会を開催し、今年度の活動方針など本部議案が賛成多数で可決されました。
 冒頭のあいさつで瞽胴綿深更坩儖長は「学校現場では、アレルギーによるアナフィラキシーショックや呼吸困難、熱中症への対応など我々教職員に突きつけられる道義的責任が、いつの間にか背負うことができないほど重くなっています。親として子どもを学校に預けることは安心であるはずで、私たちも安全な学校にしていきたいと日々願っています。しかし当然のことですが学校現場はその安心を提供するために、教職員が命を張らなければならなくなってきています。
 政府や経営側は『利益を生むことが価値がある』という考えのもと、学力の向上による経済の発展を追求していますが、市民や労働者の生活や安全をないがしろにして経済の成長や社会の発展がありえないことは明らかです。人間は他人の心を想像し、理解することでお互いの絆を深めます。それが文化の発展につながり、社会が形成されてきました。自分の中にも弱い立場の人に対する差別の目があると自覚し、極端な考えにつながらないよう自己チェックをする。少し弱っていたり、生きづらさを感じていたりする誰かへの優しいまなざしを忘れず普段から命を大切にする実践を積み上げることが、日本にはびこる『利益を生み出すものだけに価値がある』という暴力的な価値観に立ち向かうことになります。
 img0865.jpg奈良教組はこれからもすべての人々が個人として尊重され、人権が十分に保障される平和な社会を実現するため、一人ひとりが安心して生きる権利を守りぬく運動を推し進めたい」と訴えました。
前のページに戻る前のページに戻る

トップページ奈良教組イベントリンク個人情報保護方針

奈良教職員組合
〒630-8133 奈良市大安寺5-12-16 奈良地域労働文化センター3F
TEL.0742-64-1020 FAX.0742-64-1023
E-mail jtu-nara@deluxe.ocn.ne.jp